善玉菌の種類を知ろう

はじめに

腸内にいる善玉菌は約500種類が確認されており、乳酸菌やビフィズス菌以外にも色々な種類がいます。 この記事では腸内にいる善玉菌の種類と働きをまとめます。

異なる善玉菌の関わり

善玉菌には乳酸菌、ビフィズス菌のほか酵母菌、納豆菌、麴菌などがいます。 納豆菌が乳酸菌を増やしたり、酵母菌が腸内の乳酸菌を活性化したりするというように相互に関わっています。 乳酸菌とビフィズス菌については他の記事で詳しくご説明しているので、ここではその他の善玉菌の働きを見ていきます。

酵母菌

酵母は糖を分解してアルコールと炭酸ガスに分解することを「発酵」といい、様々な食品づくりにも使われるとともに、人の小腸にも存在します。 小腸にいる数千~数百万個の菌のうち数万個が酵母であると言われています。

酵母菌は脂質を分解する作用や活性酸素を抑える作用があり、ダイエットや美容に着目されています。 酵母はカスピ海ヨーグルトなどのはっ酵乳や身近な乳酸菌飲料などを作るとき、乳酸菌と共生して欠かせない役割を担っています。

また酵母菌はビール酵母などの健康食品でも摂ることができます。

麴菌

麴菌は日本酒、味噌、醬油などを作るときに使われ、タンパク質を分解してアミノ酸にしています。 そして、日本醸造学会は麴菌を国菌に認定するほど、麴菌は日本の食文化に貢献している菌です。

人の体内には消化酵素と代謝酵素があり重要な役割を担っていますが、麴菌は酵素を分泌してその働きを助けます。 麴菌はサプリメントでも摂取でき、アスペルギルス・オリゼーNK菌や紅麴などが入ったものがよく販売されています。

納豆菌

納豆菌はジピコリン酸という抗菌物質を分泌し、腸内でもこの抗菌成分が働きます。 納豆菌を混ぜると病原性大腸菌のO-157が死滅したというように抗菌力が高く、伝統的に風邪や下痢の対策に活用されてきました。

納豆菌製剤を摂った実験では、摂る人は摂らない人よりも善玉菌が増えており、納豆菌は腸のぜん動運動を活発にして整腸作用ともたらすことが分かっています。

終わりに

善玉菌は腸内細菌の2割程度で、悪玉菌が増えると善玉菌は減ってしまいます。色々な善玉菌を活かしてその割合を高め維持してください。

参考:善玉菌が及ぼす影響